薄毛を改善する方法

薄毛は男性ばかりでなく、女性にも増えてきています。
育毛剤と言えば男性用が多かったのですが、最近では女性用育毛剤の種類もかなり増えてきました。

 

 

薄毛の原因は男性、女性でそれぞれ異なります。男性の場合は男性ホルモンのよる薄毛がほとんどです。
男性ホルモンが毛乳頭内で特殊酵素5αリダクターゼの影響を受けてDHTに変化し、DHTがレセプターと結合することで退行誘導因子が生成されます。
退行誘導因子は毛根の働きを弱め、髪の毛は抜けてしまいます。

 

 

 

 

男性ホルモンの影響は生え際と頭頂部で現れます。
特に生え際は男性ホルモンの影響が高く、毛乳頭内で5αリダクターゼの影響を受けたDHTが活発に脱毛因子を産生します。
頭頂部に比べると生え際の薄毛は進行が早い傾向があります。ただどちらも進行していく脱毛症です。

 

 

女性の場合は頭皮トラブル、更年期や出産などのホルモンバランスが原因になります。
出産による薄毛は時間と共に元にもどりますが、
更年期などの加齢による薄毛には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンやキャベツに含まれるボロンを意識して食べるようにしましょう。

 

 

 

男性、女性にかかわらずまた睡眠も重要です。睡眠中は成長ホルモンが生成され、髪の毛は皮膚の細胞に栄養が送られます。
睡眠はストレスを解消する要素にもなり、薄毛予防には欠かせません。

生え際におすすめの育毛剤

育毛剤は男性、女性用などを合わせると数えられない程の種類が販売されています。
育毛剤を比較する時に注目したいのは成分です。

 

 

含まれている成分にどのような効果があるのか、化学合成成分などは添加されていないかはチェックする事をおすすめします。
最近では男性用、女性用の育毛剤をランキングでまとめたサイトも増えています。
サプリメントもセットになった育毛剤も増え、体の中からも育毛にアプローチするタイプが増えてきました。

 

 

 

 

育毛剤の種類には男性ホルモンによる抜け毛を抑制するタイプ、頭皮の血行を促進するタイプ、頭皮の炎症を抑制するタイプなどがあります。
髪の毛は毛母細胞が活性化することで伸長します。

 

 

生え際の薄毛対策では男性ホルモン抑制と血行促進が重要です。
抜け毛を引き起こすDHT(活性型男性ホルモン)を抑制するノコギリヤシやフィナステリドが有効です。

 

 

また育毛には毛根への栄養補給が書かせません。
そのためには栄養分を毛根に補給するには血行促進が重要です。

 

 

また、日頃の食事や生活習慣も大切です。
髪の毛の原料になるタンパク質をしっかり取り、運動などで血流を改善する事が薄毛対策には有効です。
男性の場合は男性ホルモンによる薄毛の傾向が高めです。

 

 

男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼを抑制する成分の入った育毛剤やサプリメントを使用することをおすすめします。
育毛剤はほとんどが6ヶ月使用する事を推奨しています。継続することで頭皮のコンディションが改善し、髪の毛は成長しやすくなります。
どうしても頭皮に合わない場合などは返金保証付きの育毛剤も増えています。

生え際の育毛対策

男性の薄毛は髪の毛の数自体はほとんどヘリません。
薄毛のほとんどは軟毛とよばれる短く細い毛が増えている状態です。

 

10代から20代に多いのは円形脱毛症です。円形脱毛症はストレスなどから起こる自己免疫性疾患です。
コイン状にはっきりわかる抜け毛で、リンパ球が暴走して毛母細胞の働きを止めてしまう症状です。
円形脱毛症の多くはしばらく放置すれば改善していきます。

 

 

 

生え際や頭頂部が薄くなるのは男性型脱毛症と呼ばれる症状です。
男性型脱毛症は男性ホルモンが原因で起こる薄毛で、遺伝性が強いと言われています。

 

男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、DHTに変化します。
DHTがレセプターの受容すると退行誘導因子が産生され、ヘアサイクルは短くなります。

 

 

生え際の薄毛には5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシやフィナステリドなどが有効です。
また血流を改善する生薬やミノキシジルが細胞の活性化をサポートします。

 

 

60代以降になると毛根自体が減少してきます。これは老人性脱毛と呼ばれ、
血行促進による細胞活性化が効果的です。ストレスや食事、頭皮環境なども薄毛対策では大切です。

 

 

生え際 育毛剤
生え際に効く育毛剤の成分、効果、体験談。他に薄毛対策の基礎知識などについて解説。

更新履歴